ライフスタイルの変化に対応する際に役に立った本

お題「#新生活が捗る逸品」

 職場に移動図書館が月に2度やってきます。私にとって至福の時です。たくさん借りたくても2冊と決めています。忙しくて読めなくて、2週間後にやっぱり移動図書館で延長することも多いですが、おかげで本を買うことが少なくなりました。

 今年買ったのは、「推し燃ゆ」と「オルタネート」(加藤さんおめでとう!)、特別の教科道徳の関連本が2冊、なぜか「国語教育 令和時代の新教養!国語教師のための重要用語事典」、最近買ったのは「タブレットで変わる授業デザイン」です。どれも手元に置いて繰り返し見たいと思うので買いました。そうだ「書いて覚える!いちばんやさしい韓国語練習ノート単語フレーズ編」も買いましたね。語学は書いて覚える派なので…。

 コビットのお陰で、急激に進んだICTに、情報教員である私はアドバイスを求められることが多いのですが、先生方のスキルは本当にまちまちで、「できそうなことにチャレンジしてみましょう!」っていうことが多いのです。言葉は悪いですが、できない人ほど手っ取り早く効果のあるものをやりたいと思う傾向が強く、ちょっとした失敗で2度とやらなくなる傾向も強い。今は、少しずついろいろなスキルの先生に「こんな風に使ってみたらどうですか?」って提案できるA4プリントを作成中です。

 道徳も高校の先生は大変そうです。「道徳」っていう時間が小・中のようにあるわけではなく、今までのように学校生活の中でとか教科全体でというだけじゃなく、「特別の教科道徳」として取り組み方が違っているわけですが…わかんないですよね。これも今まとめ中です。

 教育の世界もICTやらSDGsやらSMが捗る逸品」

 

 職場に移動図書館が月に2度やってきます。私にとって至福の時です。たくさん借りたくても2冊と決めています。忙しくて読めなくて、2週間後にやっぱり移動図書館で延長することも多いですが、おかげで本を買うことが少なくなりました。

 

 今年買ったのは、「推し燃ゆ」と「オルタネート」(加藤さんおめでとう!)、特別の教科道徳の関連本が2冊、なぜか「国語教育 令和時代の新教養!国語教師のための重要用語事典」、最近買ったのは「タブレットで変わる授業デザイン」です。どれも手元に置いて繰り返し見たいと思うので買いました。そうだ「書いて覚える!いちばんやさしい韓国語練習ノート単語フレーズ編」も買いましたね。語学は書いて覚える派なので…。

 

 コビットのお陰で、急激に進んだICTに、情報教員である私はアドバイスを求められることが多いのですが、先生方のスキルは本当にまちまちで、「できそうなことにチャレンジしてみましょう!」っていうことが多いのです。言葉は悪いですが、できない人ほど手っ取り早く効果のあるものをやりたいと思う傾向が強く、ちょっとした失敗で2度とやらなくなる傾向も強い。今は、少しずついろいろなスキルの先生に「こんな風に使ってみたらどうですか?」って提案できるA4プリントを作成中です。参考になるデータはインターネット上にもたくさんあるのですが、紙面で見開きで見ることができ、ワークシートも豊富で、すぐに使えそうなネタが盛りだくさんです。とっても参考になりました。

 道徳も高校の先生は大変そうです。「道徳」っていう時間が小・中のようにあるわけではなく、今までのように学校生活の中でとか教科全体でというだけじゃなく、「特別の教科道徳」として取り組み方が違っているわけですが…わかんないですよね。結局2冊も買っちゃいました。これも今まとめ中です。

 教育の世界もGIGAスクール構想やらSTEAM教育やらSDGsやら新しいスタイルを取り入れていかんといけんのですが、まず、言葉の説明ができないと…ということで、国語教育の本を買ったのです。実は、知りたかった用語の解説はなかったのですが、新たに知った最新用語もあって、とても勉強になりました。そういえば昔は時代について行くために情報やコンピュータ用語の本も毎年ちゃんと買ってたなあと思い出しました。サボってるなあ私。

 ライフスタイルっていうより、仕事上勉強しなきゃならないことが、コビットとともに大量にやってきた感じです。タイミング悪いです。もう頭いっぱいです。

下書きは供養するものなんだ…

今週のお題「下書き供養」

 私のブログの書き方のせいか、下書きはほとんどたまらない。

 最近はほとんどコインランドリーに行ったときや仕事終わりに車の中で書いています。書き始めたら最後まで書いてしまうので、書きかけで下書きに…ってことはほとんどありません。時々意図的に下書きにしちゃうことはありますが、それは明日書き足して完成させて…っていう書き方の時です。

 今週のお題を見て「下書き供養」っていう言葉を知りました。せっかく書き始めたブログですもんね、日の目を見ないとかわいそうですね。でももしかしたらあるかも…探してみよう。(というわけで、下書きにして)

 確認しました。下書きありません。なので、うちは下書き供養の該当なしです。

新生活が捗る逸品かあ②

お題「#新生活が捗る逸品」

 新学期だというのに、職場も仕事も座席も変わらず、机周りのお掃除も後回しになっていました。今日は入学式。ようやく掃除を始めることができました。なんたって今日までとんでもなく忙しかったのです。会議の資料を作りながら、新学期の準備をして、仕事も忙しいのに、次女が帰省してくるしで、入学式が終わって、ようやくお掃除始めました。

 ほとんど捨ててしまう資料ばかりですが、紙がもったいないなあ。個人情報満載の資料が多いので、シュレッダーにかけなきゃいけないので、面倒です。あのほそーーい切かすはなんかに使えませんかねえ。そういえば生徒のはかりの練習にちりめんとして使っていたなあ。あれで焼きいも作ったらいいんじゃないかなあ。でも、最近は焚火もままならない。おっと話がそれてきました。

 新学期に引き続き必要な資料は綴り直すのが私のルーチンなのですが、職場で配られる紙ファイルよりも、形は同じですが、プラスチックの方がお気に入りです。ちょっと高くなりますが、丈夫なのと、汚れが付きにくいところがお気に入りです。ラベルを張ってもきれいにはがれるし、使いまわせるし。職場では配られないので、自分で買うことになりますが、新学期に向けて薄いのと厚みのあるものとを買い足します。そこに前年度からの厳選の資料を綴って、新年度の資料を綴っていきます。こうすると、繰り返し使う資料や歴年で見る資料を手間なく綴りこむことができるのでよいです。

 去年ファイリングの本を読んでみましたが、面倒すぎて私には無理だなあと感じてしまいました。でも、ファイルを投げ込みボックスやケースに入れると、ぐにゃっとならないし、関連付けていくつかのファイルをまとめられるのはいいなあと思ったので、今年はボックスを買ってみようと思っています。すでに新学期が始まってるけど…。

 クリアファイルも透明なものはたくさん持っていて、引き出しに入れて、人に渡すものを、色や柄の付いているものは自分の資料を入れて、資料が入り混じってしまわないようにしています。できるだけ単純な方法で、事務作業の失敗をなくしたいので、細かい作業や複雑な作業はなくしていったら、この形になりました。

 机の上には、マスクケースと除菌シートと除菌できるハンドクリームも常設です。このご時世ですから。基本的に使う頻度の高いものは出しっぱなし…。捗ることとコビットにならないことを一番に考えたらこんな感じです。

 これで、大体私の新学期の捗るグッズはおわりかなあ。

えっ!!10,000アクセス?

 ありがとうございます。嘘のようです10,000アクセスもいただけるなんて…(泣いてます)。始めたころは、10,000アクセスなんて途方もない数字だと思っていました。まあ途中でやめてるかもねっ…とも思っていました。

 10,000アクセスもらえたら、実は念願だった小説を書き始めようと思っていましたが、今はとても書けません。でも、もう少しこのブログで発信できる人になりたいなあと思うようになりました。Proにしようと思います。そして、好きなことを少しずつ発信していきたいと思います。何をするかはいくつか候補を考えていますが、今は本当にまじめに忙しい!

 恒例のお題スロットも今回はお預けです。

 でも本当に本当に本当にうれしいです。

新生活が捗る逸品かあ①

お題「#新生活が捗る逸品」

 捗る…はかどるって言われると何だろうなあ。昨日手帳と3か月カレンダーは書いたので、他でいうと、新学期の初めには、フリクションペンのインク、ブルーブラックの0.4mm・0.38mmを合わせて7本と赤を3本買います。大体1年で使い切る量がこのくらいです。ボールペンのインクが切れるのが嫌いです。ペン先が細いものが好きで、ブラックよりもブルーブラックが好きなので、消せるし…できっと5年くらいは新年度に購入しています。以前は、新年度にボールペン10本を買っていたのですが、フリクションペンの軸は強いので、替えインクだけ買っています。

 フリクションペンを使えない仕事には、お気に入りのボールペンを使います。今はなぜか国立教育政策研究所からいただいた3色ボールペンがお気に入りです。どこの会社のなんていうボールペン化が謎ですが、インクの出がいいのと、手になじむ感じで使っています。ただ、あまり丈夫そうではないので、もし壊れたらいけないため、次のペンを選択中です。

 筆記用具にうるさいつもりはないのですが、好きなものだけが周りに残るので、ストレスをためずに仕事が捗ります。他にも付箋は職場のものも使いますが、人によって使い分けます。ユニークなものは、めちゃくちゃ忙しそうな同僚に笑ってもらうために使うため日常的に集めています。そうでないときも頼みごとをするときは、ちょっと女の子らしいものを使ったり。

 そうそう今年度は、繰り返し見がちな年度当初の資料用に少したくさん挟めるクリアファイルを新調しました。あっという間にぷくぷくになりましたが、昨年より仕事がしやすくなりました。資料を探す時間が無くなりましたね。順調です。

 文房具って侮れません。

新生活に向けて買ったもの

お題「#新生活が捗る逸品」

 新生活って程じゃないけれど、年度替わりの4月に買うものが、手帳・カレンダーです。これがいい感じのものが買えると1年間とても仕事がスムーズです。

 手帳は結局中・高生用のノルティスコラっていうのを使っています。以前は先生用のティーチャーズなんちゃらっていうのを使っていましたが、私には使いこなせませんでした。精神年齢が高校生程度なので、丁度学生用の手帳があっているようです。小さくて持ち歩けるし、学生向けだから学校で勤めるのにはまあまあ適しています。

 勉強時間を記録する時間は、現在はハングルを勉強をした時間を記録していたり、試験までの時間をカウントしているところには、ASTROのオンラインコンサートまでの日付が書かれていますが、ノートの外側が自分好みにカスタマイズできるところがいいです。一番上には、授業をすっぽかさないために日課表を挟み込み、1ページあけると、今年の目標「動く」と書かれています。表紙の裏には名刺5枚、大好きな新幹線つばめのシールを先週いただいたのでそれをしっかり貼りました。裏表紙には、ARASHIさん・NEWSさん・ASTROさんのカードを挟み、裏表紙の内側にはこれまた大好きなエジル選手のカードを入れています。辛くなったらこれを見ます。

 カレンダーは、机上のノートパソコンで仕事しながら、視線を右に振ると3か月分が見えるサイズで、3か月がそれぞれめくれるリングタイプです。大きすぎると置けないし、小さすぎると絶対忘れちゃいけない会議と出張のスタンプが押せません。フリクションの「出」っていうスタンプを愛用しているのですが、「会」っていう、そう会議っていうスタンプ作れないでしょうかフリクションで。

 既に「会」の字はいっぱいです。

 準備はOKです。新学期かかってこい!!

学ぶ気持ち 最後

 幼い頃から、嫌だった。どうして男の子はハンダでラジオ作るのに、私は作りたいのに作れないのか。別に家庭科が嫌いなわけじゃないけど、学びたいことが学べないやるせない気持ちはどうしようもなかったのです。今は、女の子も技術学べますよね。うらやましいです。

 高校の時も、女子が家庭科の時間に男子は「工業簿記」を勉強していました。私は商業科に来て、簿記勉強しに来ているのに、何で勉強できないのだろう。私はどうしても納得できなくて、先生に質問に行きました。女子だからって工業簿記を勉強できないのはなぜかと。先生は昼休みに教えるから来なさいと言ってくれて、毎日ちゃんと教えてくれましたが、ちょっと違うよなあって思っていました。家庭科が共修になった今、こんな事はないでしょう。

 まだまだたくさん書きたいことはあるけれど…。

 学びたい気持ちがあっても学べないジレンマを抱えながら過ごしてきたせいか、就職してから夜間の大学に通ったり、通信制大学院で学んだときは、学びたい事が学びたいときに学べる幸せに、睡眠時間が3時間でも、通学が大変でも、試験が大変でも全く苦にはなりませんでした。

 「学びたい気持ち」があれば、学ぶことのできる今は、本当に幸せです。今迷っている人たちに言いたい。やってみましょう。失敗したっていいですよ。きっと何かが見えてきます。失敗する自分も、成長するチャンスです。何歳でも。何回でも。いつでも。どこでも。