いつものカバンの中身は…

今週のお題「カバンの中身」。

 毎日仕事へは、広辞苑って書いてある縦長の黒のキャンバス地のトートバッグに、クリアファイルに入れた資料や出張の命令書なんかを入れて、ペンケースと化粧ポーチ、充電器、読みかけの本なんかを入れてます。それとは別に、今年の誕生日に実家の母に買ってもらったアネロのショルダーにスマホと長財布とdTabを入れて持ってます。

 アネロのショルダーはdTabがジャストではいるのでとっても役に立ってます。これさえもっていれば困ることはない感じです。トートに入っているのは仕事で必要な書類と化粧ポーチなので、旅行や遊びにいくとき、子どもたちの習い事などのときは別のカバンを持っていって、でもアネロのショルダーは貴重品がいつでも入っているので、それは常に持って…。って感じです。このバックを買うまでは、カバンを変えるたびに財布とスマホとdTabを入れ替えなきゃいけなくて、面倒だなと思っていたので、とても楽になりました。

 トートってついつい何でも入れてしまって、中身がごちゃごちゃしてしまうので困っていたのですが、ショルダー投入でトートの中身もすっきりするようになりました。しばらくはこれで過ごそうと思っています。ただ、広辞苑のトートがだいぶんくたびれてきたので、そのうちしっくりくるトートバックを探したいと思っています。

 

春咲小紅

今週のお題「わたしの春うた」。

 春の歌…。って考えていたら、矢野顕子さんの「春咲小紅」を思い出して口ずさんでしまいました。ついついまねしちゃいますね歌い方。似てないですけどね(笑)。この歌って、カネボウの春の化粧品のCMソングでしたね。糸井さんの歌詞が何ともいえません。テクノポップスっていうんですか、懐かしいですね。

 昔は、資生堂カネボウが毎春素敵な曲をCMにのせてくれていましたね。カネボウは、この曲の前の年が、渡辺真知子さんの「 唇よ、熱く君を語れ」で、その前が布施明さんの「君は薔薇より美しい」で、どれも大好きな歌だったんです。今でもカラオケで歌いますよ。声張り上げて(笑)。2000年になってからはそういうCMソングってなくなっちゃいましたね。CM始まると春が来たなって思えるようなそんな風物詩のようでしたね。

 資生堂も竹内まりあさんの「不思議なピーチパイ」や南沙織さんの「春の予感」、尾崎亜美さんの「マイピュアレディ」とか好きでしたね。資生堂は夏のキャンペーンソングもツイストの「燃えろいい女」とか矢沢永吉さんの「時間よ止まれ」とかラッツアンドスターの「め組の人」も大好きでしたね。

 今日の帰りはずっと歌いそう(笑)

SAKURA

今週のお題「わたしの春うた」。

 春の歌といえば「さくら」ですね。いろいろな「さくら」songがありますが、私は、いきものがかりの「SAKURA」が好きです。

さくら ひらひら 舞い降りて落ちて 揺れる 想いのたけを 抱きしめた
君と 春に 願いし あの夢は 今も見えているよ さくら舞い散る

ここがやっぱり好きですね。

 同じ「Sakura」でも、嵐の曲は、ドラマウロボロスの主題歌でしたけど、あんまりさくらっぽくなかったですね。でも嵐の歌の中では好きな曲のうちの一つです。

いつか 僕らが世界を変えていくなら
またどこかで生まれてく 与えられた現在(いま)を 託された未来へ

ってところが好きです。さくらというと、嵐だと「サクラ咲ケ」の方が人気があるでしょうね。もちろんよい曲です。元気が出るし!

さくらの時期は終わってしまいましたが、歌はいつまでも楽しめますね。

混声合唱のための組曲『蔵王』

今週のお題「わたしの春うた」。

 私は、小学生のとき合唱に出会い、大学生で混声合唱のサークルに入っていました。今でも合唱は大好きです。ハモるの大好きです。

 そんな私が春に歌いたくなるのが、組曲蔵王』の「蔵王賛歌」です。「万緑充(み)てる 蔵王からまつの林はいまぞ花の季(とき) はるかにああ峰は遠く山の春はいま去りゆく 」っていう歌いだし…。あっもしかして夏の歌!

 私が合唱が好きになったきっかけは、「花」です。滝廉太郎の。「春のうららの隅田川」です。小学校に入学して、最初の全校集会で、上級生の皆さんが見事な合唱を披露してくれたのです。驚きました。大勢で歌うと歌ってこんな風になるんだ。歌って凄いんだ。って思いました。私の母校では、4年生からは秋に行われる郡・市の音楽祭で合唱を披露するための練習に参加するのです。小さな学校ですが、70人くらいの合唱団が組まれるわけです。もう待ちきれなくて、2年くらいから練習を覗いていて、3年からはもう毎日参加(笑)。4年で練習に正式に参加できるようになったときはもう嬉しくて嬉しくて。

 中学も高校も合唱部はなかったので、大学では迷わず混声合唱団に入りました。歌って自分が楽器ですから、どこででも披露できます。大学時代はよく地下道とか居酒屋でミニコンサートしてましたね。

 あー合唱したいなあ。

春〜spring〜

今週のお題「わたしの春うた」。

 春のうたは好きな歌がたくさんありますが、今日はなぜだかこの春とても歌いたくなってしまった歌があるのでその話をしたいと思います。

 その歌は、春〜spring〜(Hysteric Blue)です。先日娘達とカラオケに行って、ほとんどうろ覚えなのに歌いたくって歌ってしまいました。「授業よりも食事よりも もっと大切なこと 私歌が好き」って、メンバーの一人が高校の世界史の授業中に作った歌だそうで、20年前に聞いたときもいい歌だなあと好きだったのですが、この春何だかとても聞きたくて、動画サイトで聞いてました。いろいろ事件もあって、再び生で聞くことは難しいのだと思いますが、カバーされてたりもするのでまた聞いてみたいと思います。

♪ こういう夢ならもう一度会いたい

  春が来るたびあなたに逢える ♪

 

ストーム!!!!

今週のお題「自己紹介」

 自己紹介っていうと思い出すのが、大学のサークルで男子がやらされていた「ストーーームッ」って大声で言って、一気に名前と学部とかサークルとか出身高校とかを詰まらずに言い、最後に「以後よろしくお願いします。」で締めるというやつを思い出します。途中でひっかかっちゃうと最初からやり直しで、何度もやり直して酔っ払っちゃう新入生とかいたりして、男子じゃなくてよかったと思ったものです。今は、きっとなくなってる風習だと思います。

 でも、元気がよくって大好きな風習だったんですけどね。新入生歓迎コンパの風物詩です。すぐに出身とか分かって、打ち解けられるし、大声出しているので、新入生も一気に笑顔になります。懐かしい思い出です。

祝!2100アクセス記念!!お題スロットです。

お題「好きな作家」

 祝!2100アクセス!!お題スロットで、「好きな作家」って出ました。小説の作家の話は以前に書いたことがあるので、それ以外の作家さんの話をしようかなあと思います。

 作詞家とか作曲家、芸術家とか陶芸家とか…いろんな作家さんがありますね。この作家さんの作品が好きだ!って言えるものがほとんどない私ですが、小説以外で二人とても好きで尊敬する作家さんがいます。

 それは、工業デザイナーの水戸岡 鋭治さんとロボットクリエーターの高橋 智隆さんです。お二人の作品は、物を見たらすぐにそうだなって分かるそんなオーラがあります。語りだすと大変なことになります(笑)。なので、ちょっとだけ。

 水戸岡さんは、私の大好きな新幹線つばめのデザイナーです。それ以外にもたくさんの乗り物をデザインされています。どれもスタイリッシュで素敵です。

 高橋さんは、私のロボット「ロビ」のデザイナーです。一目ぼれして大金はたいて買ったロボットの作者が、自分と同じ工学部入りなおし組だったと知ってからもっと大好きになりました。

 ものづくりって素敵だなあとお二人の作品を見ていると本当に羨ましくもなります。私も自分の思いをカタチにできたらいいなあと…。